2017/06/24

ワイドショー&時事・雑感



「この、ハゲーーーっ」と、突然テレビから聞こえてきた女性代議士の怒声。その暴言の数々に、駐輪場で働いている時に出会った“モンスター”の罵詈雑言がオーバーラップし、朝から、気分が悪かった昨日。
(ストレスが溜まるのは男も女も同じだろうが、どうして世の中、キレると言うか、男女を問わず暴力的な人が増えているのだろう。それも安倍政権になってから急激に……というのは思い過ごしだろうか)

絶叫音声の主、自民党衆議院議員・豊田真由子氏の座右の銘は「艱難汝を玉にす」とか……えっ、なんの冗談?と問いただしたくなるが、とりあえず彼女が政治家として成長する道は閉ざされたようだ。今後は議員としての説明責任を果たした上で犯した罪を償い、永田町とは別の場所で自ら艱難辛苦を味わい成長してほしいと思う。
(午後はどのチャンネルも海老蔵オンリー。麻央さんの最後の言葉「愛してる」の文字が何度も画面に……多くの共感を呼ぶ健気で素敵な二人だとは思うが、テレビによる「愛」の盛り上げ方に違和感)

さて、「特定秘密保護法」を皮切りに「安保法制」「共謀罪」法案等々、散々(数の)暴力を振るった後に、いきなり謝る振りをして選挙民のご機嫌伺い……という典型的なDV加害者のような安倍政権絡みの話。

この間、家にいる日が多く、テレビのワイドショー番組(「ミヤネ屋」以外)やニュース番組をよく見るのだが、まず「この人に解説や発言をする資格があるのだろうか?」と疑問に思う政治評論家&タレント・芸人の多さにびっくり。その筆頭は、ワイドショーに引っ張りだこの御用ジャーナリスト・田崎史郎。「共謀罪」にしろ「森友」&「加計問題」にしろ、なりふりかまわず必死の政権擁護といった体で、その痛々しいまでの孤軍奮闘ぶりは、思わず笑っちゃうほどの浅ましさ。(以前は、もう一人の安倍お抱え記者・山口敬之も頻繁にテレビに出て田崎と同調しつつ露出度を競っていたようだが、「準強姦疑惑」で現在ひきこもり中)

ワイドショー自体、情報番組というよりバラエティ色が強いものだとは思うが、政治的な問題を取り扱う以上、放送メディアとしての中立性・客観性・批判性が求められるはず。「組織活動費」の名目で自民党から金をもらっているような人間を「政治評論家」として重用していたのでは、番組自体が政権支持率維持の片棒を担いでいると思われても仕方ない。
(まあ、現にそうなのかもしれないが……その中で、割とイイ感じなのは「グッディ」の安藤優子・高橋克実コンビ。特に、俳優・高橋克実のセンスは買い! で、度し難いのは共謀罪「いいんじゃないの」&「冤罪が多少あってもプラスになる」発言の松っちゃんこと松本人志。やはり野に置け蓮華草……ということか)

逆に、「この人の解説や発言はちゃんと聞いて、胸に留めておこう」と思えるのは憲法学者・木村草太氏と評論家・荻上チキ氏。(そして、今の日本に稀有な“怒れるジャーナリスト”、サンデーモーニング等のコメンテーター・岸井さん)

「テロ対策」とは何の関係もない「共謀罪」法案を、「テロ等準備罪」などと政府宣伝そのままに言い換え、「テロの危険と監視社会のどっちを選ぶ」的な間違った論点の形成へと国民をミスリードしたNHKのようなメディア&コメンテーターが多い中、木村さんは「本当の論点というのは、テロ対策という政府の嘘を許すかどうかという論点で、この論点であればもう結論は明らかであるわけですね」と述べ、「テロ対策だからこの法律に賛成したというふうな有識者の方は、ぜひ、本当に自分が発言する資格があったのかどうか、きちんと考えてほしいと思いますね」とまで言ってのけた。
荻上さんも「加計学園問題」に関して、国会討論などを逐一冷静に紹介・分析し、客観的に問題点を整理しラジオ等で発信している。
(木村さんも荻上さんも30代だが、こういう若手の知識人や評論家がいる日本。まだまだ捨てたものではない)

で、その「加計問題」だが、「岩盤規制を壊すため」などという官邸側の抗弁は只の言い逃れ。何より政権内に「腹心の友」をはじめ客員教授や系列大学の学長など、利害関係者が多すぎる(多すぎた)のが一番の問題と思っていたのだが、それに関しても木村さんは問題の核心を鋭く端的に突いていた。

「仮に今回、官邸から明確な指示がなかったことが明らかになったとしても首相と仲の良い人だから優遇しようと官僚が考えたのであれば、憲法第14条第1項が適用され、平等原則に反する。特区制度は岩盤規制を壊すものだから首相のリーダーシップがあってもいい、というような意見もあったが、大学の認可というのは誰もが自由に参入できるようにして自由競争ができるようにしようというものではなくて、大学と云うのは学位を与えたり補助金を受けたり特権を与えられる存在である。だからそのための責任も伴うし、その場合首相と親しい人だから特権の仲間入りを認めると言うのは、たとえ首相の指示がなくてもワイロをもらっていなくても憲法に定める平等の原則に反すると言われても仕方がない」
「獣医学部の増設がどうしても必要であったということ。そして、加計学園がもっとも相応しかったというこの二つを示す客観的な情報がない限りは、中立公正であるべき行政が歪められたと言われても仕方がないわけで、政府は今回「言った・言わない」という説明責任を果たすとともに、加計学園を選ぶだけの合理的理由があったのだということをきちんと説明するべき。それが出来ないのであれば不正の責任をきちんと取ってほしいと思う」

というわけで、個人的には都民ファーストVS自民党の都議選より、こっちの方が大事。今後の成り行きを注視したいと思う。(さっさと出てこい、萩生田!)

※今夜は、高校時代の部活仲間4人で飲み会。場所はいつもの新宿「鼎」。

 

2017/06/14

6月初旬のメモ②



7日(撮影&温泉宿)
制作中の施設案内パンフ用の写真撮影のため「秩父」へ。9時にカメラマンのN君と西武秩父駅前で待ち合わせ、彼の車で最初の現場「特別養護老人ホームA苑」に向かった。

撮影開始10時。「A苑」を皮切りにグループホーム、ケアホーム、デイサービスセンターなど3ヵ所を廻り16時過ぎに1日目の撮影が終了。N君に車で送ってもらい宿泊先「新木鉱泉」へ。

ロケの仕事で温泉宿に泊まるつもりはなかったが、どういうわけか駅周辺のビジネスホテルがすべて満室(登山・ハイキングブームの影響で今や秩父も大人気……N君によると「夜の星と朝の三峰神社からの雲海」を目玉にしたツアーが大人気とのこと)。仕方なく素泊まり1万円と少し高めだが撮影場所へのアクセスが良いココに決めた次第。

その「新木鉱泉」の露天風呂(風呂のレベルは高い)で、日帰り入浴中の地元の人と軽く会話を交わしつつ仕事の疲れを癒し、メシも喰わずサッカー(日本VSシリア)を見ながら2日目のカメラマンS君が来るのを待っていたのだが、携帯に「道路渋滞により宿への到着が大分遅れそうです」とのメールあり。

結局、彼が着いたのは21時過ぎ。途中、セブンイレブンで買ってきてもらった二人分の弁当とビールで軽く「前夜祭」……11時過ぎ就寝。

8日(撮影終了)
7時過ぎに宿を出発、大滝村へ。現場到着8時、即、撮影開始。最初のカットはスタッフと利用者による「食事介助風景」、双方の笑顔が気持ちよくカメラに収まった。

それから2時間半ほどで撮影を終え、両神村にある施設へ移動。居室、浴室、食事風景、レク風景などなど、1時間の休憩を挟みながら14時半頃すべての撮影が終了。1525分発のレッドアローで帰路に就く。(利用者の方々の穏やかな笑顔に救われた一日。積極的にコミュニケーションをとりながら自然で楽しげな表情を引き出してくれたS君にも感謝。良い写真がたくさん撮れたように思う)

9日(メール殺到&森ゆうこ)
仕事関係のメールが殺到。終日、対応に追われる。

その合間、見ていたテレビから流れた映像に気分スッキリ大拍手……8日の「加計学園問題」参院農水委員会における自由党・森ゆうこ議員の質疑シーンだが、怒り炸裂、その舌鋒たるや“虎の威を借る小役人”藤原内閣審議官も“似非ヤンキー文科副大臣”義家弘介も一撃KOの鋭さ、凄まじさ。(久しぶりに見た、闘士の勇姿)

先の参院選(2016年)、三宅洋平が落選したのは残念だったが、同じ無所属(野党統一候補)として新潟県選挙区で立候補した「森ゆうこ」が当選して本当に良かったと改めて思う。(次の選挙、個人的には駐輪場で何度か言葉を交わした元衆議院議員・末松氏を応援するつもりだったが、山本太郎と森ゆうこがいる「自由党」が一押しかも……)

夜はTBS「リバース」、NHK「ドキュメント72時間 住宅街の巨大モスク」を観た後、就寝。

10日(写真チェック)
午前中は家事・雑事。午後はS君から送られてきた写真データをチェック。期待通りのクオリティで、デザイナーのフェアリーも「いい写真だらけでテンションあがります!」と大満足のご様子……20年近くの間に「特別養護老人ホーム」など社会福祉法人関連のパンフレットを数多く作ってきたが、恐らくこれが私の手掛ける最後の「施設案内」。最後にして最良のものが出来そうな気がする。

11日(悩めるお仕事)
前夜遅く、デザイナーのUEちゃんから「ご相談したい事が出てきまして…」とのメールあり。午後1時前に「上井草」駅前の喫茶店で待ち合わせ&打合せ。(MIYUKIさんを交え、3人でランチ・ミーティング)

相談の内容は、とあるNPO法人から「作文集のような冊子を作りたい」旨の依頼があり、その文章チェック、監修などをヘルプしてもらえないかというもの。

で、そのNPOの取組みや「作文集」の制作目的などを尋ね、私が手伝えるかどうかを考えたわけだが……その任にあらず。「多分、気持ちの良い仕事にはならない」という直感も働き、コピーライターとして積極的に関わるべき類のものではないと判断「俺はやりたくないし、できないよ」と明確に辞退。UEちゃんにも「ウエの手に負えるものでもないし、関わらない方がいいと思うよ」「自費出版とか文集制作のノウハウがある出版社か印刷会社に任せた方がいいんじゃない?」と早目に撤退することを勧めた。同席したMIYUKIさんも同意見。
結果、UEちゃんも撤退の意思を固めたようで、最後は苦悩の表情が笑顔に変わり、元気にバイバイ。
(翌日、「おかげさまでやっと気が楽になりました」というメールあり。アドバイス通りNPO側に印刷会社を紹介、「そうね。印刷会社に頼んだ方がいいかもね、値段も安いし」と労い口調で言われ、無事に撤退できたとのこと)

※昨夜のイラク戦……37度という猛暑の中、負傷者続出。吉田と川島の連携ミスで失点し、1:1引分けという残念な結果に終わったが、次のオーストラリア戦(831日)に勝てばいいんです!

2017/06/13

6月初旬のメモ①



62日(爆買い)
カメラマンのS君との撮影打合せがあり、彼の事務所がある「明治神宮前」へ出かけた。

神宮前と聞くと今でもさほど賑やかなイメージは持てないが、街としては原宿・表参道と一体。10年ぶりに歩くファッションの街は、若者たちと異文化の人たち(外国人観光客のあまりの多さに驚いた)が醸し出すカラフルでポップな色彩に溢れていた。

そんな雑踏の持つエネルギーに刺激されたせいだろうか、妙に気分が高揚し(おまけに財布の紐まで緩み)、打合せの帰りに立ち寄った池袋西武の三省堂で久しぶりのまとめ買い。30分ほど物色しながら気分のままに以下の9冊を選んだ。

『騎手の一分 競馬界の真実』(藤田伸二/講談社現代新書)
『死をポケットに入れて』(チャールズ・ブコウスキー/中川五郎訳/河出書房新社)
『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』(磯田道史/NHK出版新書)
『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』(J.D.ヴァンス/光文社)
『極道記者』(塩崎利雄/文芸社文庫)
『労基署は見ている』(原諭/日経プレミアシリーズ)
『「天皇機関説」事件』(山崎雅弘/集英社新書)
『離陸』(絲山秋子/文藝春秋)
『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(渡邉格/講談社文庫)

まあ、本の「爆買い」はストレス発散のようなもの。なので、2週間も経てば読みたい気分が薄れるかも知れないし、すべて読み切れるかは分からない。(とりあえず『労基署は見ている』『騎手の一分』『死をポケットに入れて』は読了。実に興味深く、楽しく読み終えたが、残りの6冊は未だ手つかず)

4日(喝っ!)
毎週見ているTBS「サンデーモーニング」。そのスポーツコーナーで、またもやハリさん(張本勲氏)問題発言。(大して興味がないなら、サッカーの話はしなくていいのに……)

61日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で済州の選手およびスタッフによる前代未聞の蛮行があったわけだが、「サッカーへの恥辱」と韓国メディア「ザ・コリア・タイムズ」英語版でも断罪されたその暴力行為を咎めることなく、済州の監督の「(試合後の暴力行為は)浦和の選手がわれわれのベンチ前に来て刺激するようなセレモニーをしたため。負ける者のマナーもあれば、勝利する者にもマナーが必要」という言いがかりのような談話を鵜呑みにして、「浦和は勝っているから、遅らす(時間稼ぎ)のはありがちなことだけど、その態度がよくない。韓国の選手が『なんだ』と思うような態度を取ったらいけない」「ガッツポーズしたり、おまえをやっつけたんだという態度を取っちゃだめ」と、まるで暴力行為を受けた浦和の勝利後のパフォーマンスに一番の問題があるとでも言うような解せないコメントを発した。(おまけに筋違いの「日本人論」を展開し、一人ナットクの表情で話を収めたが、スタジオ内は微妙な雰囲気に)

私自身、何度も試合のハイライト&一連の行為の場面をYou Tubeなどで観ているが、ホームゲームで勝利したチームが喜びを爆発させるのは「礼儀正しい民族」であろうがなかろうが、サッカーにおいてはごく普通の事。「差別発言」「差別横断幕」等、とかく問題の多い浦和だが今回に限ってはどう見ても彼らの側に非があったとは思えない。ハリさんは事の成り行きをちゃんと自分の目で確かめた上で発言しているのだろうか?

というわけで、「日本人ファン」であってもサッカーファンではないハリさんに「大喝っ!」なのだが、逆にこの件で「あっぱれ!」をあげたい人もいる。

「済州の選手は若い選手も多いと思うが、そういう選手たちが悔しさの中で感情的になることは十分に理解できる」「私自身は試合が終わった後で何かしらのしこりが残ることは好きではない。今後、何かしら済州と浦和レッズがフレンドリーマッチでもやることによってお互いの良い関係を築いていけたらと思っている」「スポーツというのは友情を築けるものだと思っているし、スポーツで互いにぶつかり合うからこそ、その後に生まれる友情があるのではないかと思う。それがスポーツの良さであり、爽やかさだと思っている」と、和解と理解を求める意向を示した浦和のペトロヴィッチ監督だ。

最近でも「森脇選手による鹿島のレオ・シルバ選手への侮蔑発言」への対応等、抗議の声を浴びせたくなるほどクラブ自体に良い印象はないが、とても良い監督をもったものだと思う。

※今夜9時からはW杯アジア最終予選、アウェーでのイラク戦。勝利あるのみ!(攻撃陣では特に大迫と本田に期待したい)

2017/05/29

10日間のメモ②



19日(金)
「秩父」で、進行中の仕事の打合せがあり、朝8時に家を出た。

所沢で特急レッドアローに乗換え「西武秩父」に着いたのは10時前。駅周辺は、平日にも関わらず老若男女の観光客でいっぱい。今年4月にオープンした「駅前温泉 祭の湯」が大盛況のようだ。

迎えの車に乗り「荒川村」へ。奥秩父の豊かな自然に囲まれた村付近ではサルの姿を目にするのはよくあることだが、車道に鹿やイノシシが飛び出してくることも度々とか。(途中「クマに注意」の看板も見かけた)

先方との打合せは午前中で終了(ロケ撮影は67日~8日に決定)。「祭の湯」の“呑喰処”で蕎麦を食べ、駅周辺を少し散策した後「レッドアロー」に乗り込んだ。

20日(土)
新宿武蔵野館で、アメリカ映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観る。

辛すぎる記憶から逃れられずに、刹那的でひたすら空虚な日々を送る主人公リー(ケイシー・アフレック)の救いようのない絶望と孤独、そして予期せぬ出来事から始まる再生の物語……兄の死により思いがけず後見人となった甥パトリックの為、自分ができる最善の事を考え行動し始めるリーの姿に心を揺さぶられながら、「人を救うのは、人」という当たり前のことに改めて思い至る印象深い作品だった。(映画の宣伝コピーは《癒えない傷も、忘れられない痛みも、その心ごと生きていく。》)

22日(月)
朝から嬉しいニュースあり。

リーガ・エスパニョーラ、エイバルに所属する乾貴士がFCバルセロナ戦で2ゴール、ACミランの本田圭佑もホームのボローニャ戦で直接FKによる今季初ゴールを決めた。

当然、乾の2ゴールも賞賛に値するものだが、私的には、出場機会に恵まれないまま今季限りでミランを退団する本田の劇的「惜別ゴール」が感涙モノ。
彼の強靭なメンタリティと、プロとして弛まぬ努力を続ける姿勢には、心底頭が下がる思い……釜本やセル爺(セルジオ越後)が何と言おうと、声を大にして言いたい。まだまだ日本代表に本田は必要だ!

23日(火)
午前中の早い時間に、めずらしく携帯が鳴った。「明石」のクライアントからのものだったが、電話の相手はあまり面識のない総務のI部長……「はて、何事?」と思ったが、新たな仕事の話「リクルート用ビデオ制作」の依頼だった。

通常、私が映像制作を請負うことはないのだが、先月立ち上がった新しいコーポレートサイトの評判が上々らしく、社長直々「良いホームページを作ってもらったし、ウチのことをよく知っているYさんに頼みなさい」という言葉があったとのこと。
となれば、多少畑違いの仕事でも断るわけにはいかない。何とか期待に応えなくてはと思い「では、私の方で映像制作を手掛けている人間にあたってみます」と返事をして携帯を切り、すぐに代理店の営業部長で長年の盟友JINさんに連絡を取った。(6月一杯で、JINさんは代理店を退社。独立して広告営業の仕事を続けるらしく、「映像制作なら一緒にラジオCMを作ったK社があるし、できますよ、やりますよ」との心強い返事)

25日(木)
前川・元文科省事務次官「記者会見」……

証人喚問要求を拒否する官邸及び自民党の態度に腹が立つのは言うまでもないが、(個人的に)特にムカつくのは政権ベッタリの御用新聞・読売(お陰で巨人を応援する気も失せた)と、文科副大臣ということで度々テレビに映る「元ヤンキー先生」変じて、現在は国家主義的な教育観を展開している自民党所属の衆議院議員「義家弘介」の姿&不遜な態度。

15年近く前、法務省の「人権啓発用冊子」制作の依頼を受け、当時「ヤンキー先生」として様々なメディアで紹介されていた彼の話を載せようという企画のもとに、直接インタビュー取材をしたことがあるが、その際の清々しい印象はどこへやら……

取材中「自分の生き方を見つめ直すきっけになったのは、ヘーゲルの書物を読み、弁証法を学んだこと」と真摯な眼差しで語っていた彼だが、今やアンチテーゼの意味すら忘れた上から目線の嫌なヤツ。とても己の矛盾を相対化しアウフヘーベンしようと考える人間には見えない。
(今の彼を見ていると、あの頃、出来上がった冊子を見せながら「ヤンキー先生、気さくで真面目で偉ぶらない、すごく感じの良い人間だったよ」と友人たちに話していた自分を思いだしイヤになる。彼の恩師・安達先生もその変節ぶりを淋しく思っていることだろう)

26日(金)
11時から、赤坂にある広告代理店の会議室で「ビデオ制作」の初回打合せ。

打合せ後、JINさんとランチ。豚の角煮定食を食べながらの話題は主にサッカー。「U20(堂安律、久保建英、小川航基)」「日本代表(本田・香川・大迫・清武・久保裕也・吉田麻也・昌子源)」などなど。

以上。代表戦(W杯アジア最終予選、アウェーでのイラク戦)もあるし、再度の「明石出張」もありそうで、6月も何かと忙しい月になりそうだ。


10日間のメモ①




516日(火)
出張打合せのため、1250分発の「のぞみ」に乗車。新大阪で神戸線・新快速に乗換え明石→舞子へ。送迎バスに乗り、明石海峡大橋&瀬戸内海が眼前に広がるホテル舞子ビラに着いたのは17時頃だった。

18時半、翌日の会議に同席する経営コンサルタントのY君到着。フロントで待ち合わせ、ブラブラ歩きながらその夜の酒場『KANADE BISTRO il Carneria』(カナデ ビストロ イル カルネリア)へ。

神戸らしい洒落た雰囲気のワインバーだが、料金はいたってリーズナブル。シェフがおまかせで出してくれるイタリアン風の串焼きが実に美味い。おかげでワインを呑みすぎ店を出るころにはほぼ酩酊状態。「もう一軒!」というY君に付き合いはしたものの、何を飲んで、何を食べたか、ほとんど記憶なし。

深夜2時半、つけっぱなしのテレビの音で目が覚め、煌々と明かりの灯る部屋で暫し呆然。

17日(水)
5時半起床。熱いシャワーで意識をシャキッとさせた後、瀬戸内海を眺めながら朝食。
9時半、Y君と一緒にクライアントが差し向けてくれた車で「本社」へ。

到着後、旅館の宴会場のような広い和室(遠方からの来客用に設けられた部屋らしい)に案内され、予定通り10時に制作会議スタート……クライアント側の参加メンバーは社長以下7人。
初めに企画内容(制作コンセプトおよび構成案)を説明し、それを基に意見交換を行う形になったが、ほぼ提案通りに方向性が決まり、細部を検討する作業を先方に委ねて12時前に閉会。
Y君共々帰路に就く。

途中、午後の予定のない私だけ京都で下車。京都国立博物館で《開館120周年記念特別展覧会「海北友松」》を観る。(「特別展」は4日後の21日で終了のため館内は大混雑で入場規制中。待ち時間約30分)

海北友松(かいほうゆうしょう)は桃山時代の絵師。その当時、彼の絵師としての名声や評価は、狩野永徳・長谷川等伯についで、非常に高いものがあったそうだが、私同様、その名を知らなかった人は多いはず。でも、祇園近くの「建仁寺」大方丈障壁画の雲龍図(重要文化財)を描いた絵師だと分かった途端、既知の人物のように思えてくる不思議。その日の会場でも、思わず「スゲ~」と声が出るほど、その絵の迫力は圧倒的だった。(北野天満宮、勧修寺などの「龍図」のみを展示したエリアもあり、薄暗い室内に浮かび上がる幻想的な龍の姿に、暫し感嘆)

また、「野馬図屏風」「牧牛図屏風」など、400年以上も前に描かれたとは思えないほど斬新で自由な生き生きとしたタッチにも驚かされた。

そんな感じで1時間ほど鑑賞した後、出口で厚さ3㎝ほどの分厚い図録を購入。1530分頃、その重さを腕と肩に感じながら京都を発った。

18日(木)
終日のんびり。

TSUTAYAで映画『怒り』をレンタル……原作にないエピソードも随所に散りばめられ見応え十分の一作。宮崎あおい&松山ケンイチ、妻夫木聡&綾瀬剛(のゲイカップル)、森山未来、広瀬すず、渡辺謙などなど、キャスティングも実に良かった。(特に綾瀬剛、人気が持続するのもナットクの演技力&乾いた存在感)

夜はNHK『SONGS』。オーディエンスの心を掴む歌唄い「竹原ピストル」の野太い声に琴線を揺さぶられ、若者たちが泣いていた。(やっぱいいね~、ピストル!)


2017/05/16

お元気でした「井上陽水」




先週の木曜(11日)、約2年半ぶりに陽水のライブに行ってきた。

メンバーは、私とツレと義姉のMARIKOさん3人。会場は渋谷から三軒茶屋方面にバスで約10分の「昭和女子大 人見記念講堂」。

開場1810分。7割方中高年の男女で占められた会場内には、ファッションデザイナーのドン小西氏の姿もあった。(並んで座っていた熟年女性共々、流石のファッションセンス!)

開演1840分。演出効果を高めるスモークが漂う中、陽水登場……オープニングは《僕はなんだかこの頃とっても妙だ/二人きりでも一人になってるようだ/使いならした日本語も/覚えかけてた計算も/君のことまでそのうちに忘れそうだ/その訳がわかるまで そのままで/ただ待ってておくれよ今日は/Ah~誰かさん Ah~誰かさん》というシュールな歌詞を伸びやかなボーカルで聴かせてくれるノリのいいナンバー「この頃、妙だ」。

その後、アップテンポの2曲を挟んで「青空、ひとりきり」「Tokyo」「移動電話」「5月の別れ」とお馴染の曲が続き(「移動電話」をライブで聴くのは初めて。ちょっと感激)、11曲目は《未来の あなたに/幸せを 贈る/記憶と 想い出を/花束に 添えて》と、しっとり聴かせてくれる極上のバラード「瞬き」(NHK『ブラタモリ』のエンディング曲。その前の「女神」はオープニング曲)。

そして、本編ラストは亡き筑紫哲也のNEWS23のエンディングを飾ったこともある「勝者としてのペガサス」……憂いを帯びた陽水の声が満員の講堂に響き渡った。


アンコール1曲目は「アジアの純真」。今まで座っていた観客も徐々に立ちはじめ、2曲目「夢の中へ」で総立ち状態に。(もちろん、私も立ち上がり、手拍子・拍手で掌が痺れるほど弾けてしまった)その鳴り止まない拍手の中、最後に陽水がプレゼントしてくれた曲は「夏の終りのハーモニー」。張り・伸び文句なしの素晴らしい声でしっとりと歌い上げ、「人見記念講堂」でのライブの幕を閉じた。

以下、当日のセットリスト。

01 この頃、妙だ
02 Pi Po Pa
03 フィクション
04 青空、ひとりきり
05 Tokyo
06 移動電話
07 5月の別れ
08 自然に飾られて
09 ワインレッドの心
10 女神
11 瞬き
12 ゼンマイじかけのカブト虫
13 心もよう
14 Just Fit
15 リバーサイドホテル
16 つめたい部屋の世界地図
17 限りない欲望を
18 氷の世界
19 勝者としてのペガサス

アンコール
アジアの純真
夢の中へ
夏の終りのハーモニー

 ※明日(17日)は朝から「明石」で制作会議。“前泊”の今夜は、共に会議に出席する友人で経営コンサルタントのY君と(ほどほどに)呑む予定。なので、もうすぐ家を出ます。